ドクター

憧れの美肌に前進|安心安全な美容整形外科

加齢や乾燥で起こる

婦人

紫外線のダメージを避ける

しわの原因は、加齢や皮膚の乾燥、紫外線によるダメージなど、さまざまな原因があります。皮膚の乾燥が原因のしわは、皮膚の表面に出来るのが特徴で、細かく小さなしわができ、ちりめんじわなどども呼ばれています。紫外線のダメージが原因のしわは、皮膚の深い部分のコラーゲンが、紫外線によって破壊されることで、弾力が失われて皮膚がたるむことで起こります。笑ったり表情を動かしてできる、表情じわと呼ばれるしわもあり、目尻や口元などにできるのが特徴です。肌が乾燥している状態だと、表情じわが元に戻らずに、だんだん深いしわになっていくこともあります。加齢で肌が老化すると、皮膚の奥のコラーゲンの量が減少し、肌がたるで深いしわができてきます。

しっかりと保湿をする

乾燥によるしわができないようにするには、保湿効果の高い化粧品を使って保湿を行ない、乾燥しないように工夫することで肌の老化を防げるメリットがあるのです。できてしまったしわを改善するには、美容整形クリニックなどで行っている、ヒアルロン酸注射やコラーゲン注射などの施術を受けると、肌の内側から皮膚を持ち上げて、しわを目立たなくすることができるでしょう。肌の皮膚の奥にある、コラーゲン量を増やすこともできるので、弾力のある若々しい肌になれるメリットがあります。表情じわが気になる場合は、ボトックス注射などの施術を受けることで、表情筋の働きをおさえて、目立たなくさせることができます。たるみがひどい場合には、メスを使ってたるみを取り除く、フェイスリフトの施術を検討しても良いでしょう。