ドクター

憧れの美肌に前進|安心安全な美容整形外科

年齢を感じたら

レディ

自分でケアはできます

年齢を感じる顔は何も、シミやシワだけではありません。目の下のくぼみやたるみも老化現象の一つです。特に40代以降、肌のハリは大きく失われるようになり、目元の印象が若い頃と異なってきます。頬だけではなく、目元のケア向けの製品も億、ハリを求める人も多いのではないでしょうか。たるみは顔が垂れ下がっているように見せてしまうので、なるべく早期のケアが大切です。では、目の下のたるみをケアするにはどうすれば良いでしょうか。自分で出来る簡単ケアは、コスメで可能です。30代〜40代向けコスメの中には、目元向けの美容液やクリームが充実しています。こうしたコスメは低価格のものですと2000円代で販売されているので、お財布にも優しいケアです。

本格的なケアとは

もう少し年齢を重ねて、目の下のたるみや瞼のたるみが気になるようになったら美容整形を選択しましょう。美容整形では以前目の下も切開する技術がメインでした。しかし、たるんでいる部分にハリを戻すように、脂肪の注入やヒアルロン酸の注入がメインに移っています。この方法ですと切開はしないで症状の緩和が可能です。脂肪の注入を行う場合、トレンドの目の下を演出することができます。この症例は既に多くの芸能人も実践しており、キュートな目元の印象になります。本格的なケアを進めると、目元の印象だけで顔全体が若返って見えます。もう歳だから、と諦めたりせずに治療で若々しさを取り戻してみませんか。もちろん切開の方法も活躍はしており、メス治療も不動の人気があります。